2013年03月26日

フェリウェイスプレー

以前は・・・
001.JPG
ふさがいるのが判ると決して自分から傍には行かなかったのに

003.JPG
近づいていってみる・・・

004.JPG
挨拶をしてくる・・

006.JPG
近くにあるベッドに入る

008.JPG
ふさの様子を伺って・・・寝てみようかなぁ〜なんて・・・

010.JPG
で、無防備な姿に・・・

それもこれもこのおかげかな?
006.JPG

「フェリウェイスプレー」
8日に獣医さんに華のお薬を貰いに言った時に
くるりがいなくなってヴィヴィのストレスのお話をしたら
こんなのがあるよ!って教えて頂いた、フェロモンのスプレーです。
猫にはそれぞれ数種類のフェロモンを持っているのだけど
同じ種類のフェロモンを持っている同士が気が合うらしいのです。
それで、このスプレーを部屋で使うと自分と同じフェロモンがあると安心できる。
というもの。
使い始めて二週間・・・
ふさが近づくだけでヒーヒー言って逃げていたヴィヴィが
こんなになりました顔(イヒヒ)

おまけ
最近読んだ本
006.JPG

クリスマスローズ、満開です。
008.JPG

ニックネーム もずりん at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

少しずつ変ってきています。

022.JPG

見てください〜♪
一ヶ月前に設置したマックハウスです。
実は、この写真、2月17日の写真です。
くるりが病院から帰ってきた日。
玄関の奥のウッドデッキに置いたハウスにマックがいるのを初めて確認したんです。
嬉しくて早く報告をしたいなぁ〜と思いながらも
くるりのことがあってなかなかできませんでした。

023.JPG

それ以来、寒い日や雨の日はこの中で寝ているようです。

今夜は恐ろしく風が強く、台風の様です。
こんな日は少しでも風避けになると思うのだけど。
マック、来ているかな??

そしてそして
くるりが居なくなってからの我が家の猫達、やっぱりちょっと変な感じでしたが
少し落ち着いてきたような気がします。
他の子となかな馴染めなくて、くるりだけが頼りだったから
一番寂しくなったのがこの子。
031.JPG
ヴィヴィです。
くるりが居た時は、くるり以外の子とくっついていることは殆どなく
あとは独りで専用のかごの中で丸くなっていました。
それが、くるりが居なくなってから人恋しく(猫恋しく)なったのか、
私の傍にも良く来るようになったし、他の子の傍にいる事も多くなっています。

041.JPG
ヴィヴィを慰めているような・・・
優しいチャコ。

003.JPG
りさとも久しぶりに猫だんごになりました。

001.JPG
外に丸ちゃん。
丸ちゃんを追い払う役のくるりが居ないの、丸ちゃんも知っているのかな?

019.JPG
今日のヴィヴィアン。
寂しいのは私だけじゃ〜ないね。
猫達だって寂しいよね。



おまけ
最近読んだ本
008.JPG

ニックネーム もずりん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | マック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

今日という日に偶然

日付が変わってしまいました。

3月2日(土)、私はワークショップで都内某所に出かけました。
そこは、静かな住宅街の一角、周りには中層のマンションが立ち並んでいます。
私がワークショップを終えて出てくると・・・

女性がエリザベスカラーをしたラブラドールに声をかけながら
散歩させていました。

そのまま行き過ぎようとしましたが、私の目に入ったその犬の顔がなんと
ウランにそっくりだったんです。

同じラブラドールでも、もちろん顔がぜんぜん違っていて
似ても似つかない・・・ってことが普通なのですが
そのワンちゃん、顔と良い、
年齢の感じ(顔には白い毛が混じり、同じ場所にイボも出来ていました)と良い、
本当にウランそのまんま・・
もしかしたら姉妹??
ってくらいそっくり。

思わず、傍に行って「触らせてもらって良いですか??」って聞いちゃいました。

なんでも、子宮摘出の手術をしたばかりでようやく散歩に出られるようになった
とのこと。そして年齢もウランが亡くなった時と同じ14才ということでした。
「痛い思いをいっぱいしたせいか人の手を怖がって時には咬んだりするようになってしまったんです」
と飼い主さんは仰っていましたが
私が撫でるともう嬉しさいっぱいで道路にごろごろとお腹を見せてくれました。

可愛かった〜、そしてウランを思いだしちゃいました。

なんなんでしょう。
そのワンちゃんと別れて数歩歩いて思い出しました。

今日はウランの命日だったんです。

ウランもあんなだった・・・人が大好きで撫でてもらうのが何よりも好きな子
だった。

029-thumbnail2.jpg
在りし日のウラン
猫達にも優しかった。

Img_4807-thumbnail2.jpg
くるりもウランが大好きだった。

Img_5589.jpg
天国でもう出会ったかな。

005.JPG
くるりの写真、やっと飾りました。
ニックネーム もずりん at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ウラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

くるり 天国に旅立ちました。

2月18日のことです。
もう 一週間が過ぎてしまいました。
今となってはもっとずっと前のことだったような・・・
昨日のことだったようにも思えるし。。
でも、
悲しいというよりも、まだまだこの現実を受け入れられずにいます。

入院した時点ではまだ「元気がなくて様子がへん」という程度でしたので
「助かる」とか「助からない」とかという考えにも及ばず。
「数日の入院治療が必要だな」と、思っただけでした。

ただ、昨年8月に肥大型心筋症による血栓症と診断されたとき、
奇跡的に生還しましたが、この病気は再発のリスクも高く(70%)また
再発すると殆どの場合が助からないとは聞かされてはいたのですが・・。
くるりのあまりの元気さに、そんなことは脳裏から徐々に脱落していったのでした。

そう、入院翌々日の写真、前回の更新時にupしてます。

その後です。

写真の翌日16日(土)
朝、私は仕事で行けなかったので夫が面会に行きました。
その時の先生のお話では
前夜(金曜)に二度軽い痙攣を起こしたそうで
状態が悪く、心臓に負担をかけるので
点滴を中止し、酸素濃度を高めている時で
酸素室(ICU)のドアを開けて貰えず触れなかったとのことでした。

そしてその夜、9時に先生から電話があり、嘔吐したとのこと。
で、翌朝(日曜日)、9時に面会に行きました。
とても具合が悪そうで、私が前回見た金曜日の夕方とは別猫のようでした。
それでも、酸素室のドアを開けてくださり
撫でるとトロトロした感じではありましたが、あ゛〜と鳴いたり
足を動かして敷いてあるタオルがグチャグチャになったり、していました。

先生は、面会中はくるりの様子が良くなるので何度でも来てくださいと
仰ってくださり、月曜日もお休みですが、来てくださいと
言ってくださったので、この日は30分くらいで帰ってきました。

午後2時少し前に先生から電話。
急に容態が悪くなり、キケンな状態なので直ぐに来てくださいと。
貧血になり、腎臓にも血栓が溜まっているようで腎不全になっているとのことでした。
息子と2人で急行しました。

くるりの様子は
もう命の火が今にも消えそう・・・
というよりもむしろ「既に半分消えている」という感じでした。
口の周りや耳の内側がブルーグレーに変色して、
目は瞬膜で覆われ白目を剥いたようになっていました。

私と息子で呼びかけながら撫で続けると目を開けてこちらを見たり
暫くするとごろごろといったりしました。
先生から今後のことを説明されているうちに
何度か痙攣が襲ってきました。
そのたびに注射・・・
「このまま、病院で看取るか」(もう、あと数10分以内のことと・・・。゜゜(´□`。)°゜。)
「少しの間でも家で過ごさせてあげるか」
ふたつに一つの選択肢しかありませんでした。

それで、残された時間を家で過ごさせて上げようと連れて帰ることにしました。

痙攣が起こったときのためにそれを弱めるのと痛みを抑える注射を
二種類(五本)処方してくれました。

それでも「多分、あと10分か20分・・」しかも、この状態からすると
見るに耐えないほどの七転八倒の痛みを伴う可能性が大きいといわれて・・・

家に帰り着いたのが3時でした。
それから、3時40分、痙攣。
処方されたうちの弱い方といわれていた注射1本しました。
それから、うとうとと眠ったり、目を開けたり。
暫くすると何度か口元を舐めるしぐさをしたのでスポイトで水を飲ませると
少しづつ飲みました。
すると、目に生気が宿ってきたようになりました。
009.JPG
この時の顔は病気じゃないみたい。
家に連れ帰った直後とはまた別猫みたいになりました。

ソファの上に寝かせていたのですが、首を回して周りを見回し
家に帰ってきたのが判ったのかソファーから降りようと身体を動かします。

いつも日向ぼっこをしていた窓辺に連れていくときょろきょろと見ていました。
011.JPG

他の猫達は遠巻きに見ていましたが
この時、ふさが挨拶。
013.JPG

この時、くるりはきっと最後の力を振り絞ったのでしょう。
折角、帰ってこられた自分の家。
生後2ヶ月から7年と8ヶ月を過ごした家。
周りを眺め、きっと瞼に焼き付けてくれたのだと思います。

これからあとは、ただじっと横たわっているだけになってしまいました。

先生が仰ったように特に苦しむことなく
夜は、それまでいつもそうだったように私の腕枕で眠りました。

翌朝、5時25分、軽い痙攣を起こしましたが
苦しむこともなかったので、注射はせずにそのまま抱いていました。
それから少しずつ少しずつ心臓の鼓動が小さくなっていって
6時40分、静かにその動きが止まりました。


翌19日、荼毘に付しました。
IMG_4397.JPG

大好きなくるりに最後のお別れをするヴィヴィアン。
IMG_4419.JPG
しばらく傍を離れませんでした。

まだ、写真を飾っていません。
035.JPG
仲良しだったウランと並んでいます。
ニックネーム もずりん at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 大動脈血栓塞栓症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

くるり入院しました(T△T)

一昨日13日(水)朝。
いつも私のベッドで一緒に寝ているくるり。
いつもなら、私が起きて階下に行く時に一緒に起きだして
我先にと降りて行くのに、その日は足元に丸くなっていました。

その時は気にもとめていなかったのですが
私が仕事に出かける前に薬を飲ませようと探した時に
見当たらず、「そういえば、ご飯を食べに降りてこなかった」ことに
思い当たり、家中を探しました。

くるりはベッドカバーの襟元を折り返した部分にもぐって寝ていました。

ちょっと元気がないなと思ったものの、私はそのまま仕事へ。

夜7時前に帰った時、朝と同じ場所で寝ていました。

抱っこして暖かいリビングに連れてきたのですが
やっぱり様子が変。元気がないし、歩く時、後ろ足がひょこひょこ・・・

その時、7時までの診療時間が過ぎていましたが病院へ
電話して、急行しました。

血栓症の再発でした。
昨年の8月の時ほど重症ではなく、足先には血流があるものの
大動脈の一部をふさいでいる可能性があり、また肝臓の数値が高く
それも血栓の影響であるようです。

昨日、今日と様子を見に行きましたが
今日は午前中に呼吸が苦しくなり酸素吸入をしていたとのこと。
私が行った夕方4時前には落ち着いていたのですが
酸素室の扉をあけて、話しかけながらなでているうちにまた
お腹の辺りが波打つような呼吸になってきました。

昨日も今日も食欲がなく、今日は強制給餌で少しだけ
食べたそうです。

015.JPG

016.JPG

017.JPG

昨日もそうでしたが、今日も元気がないながらも呼びかけると
「に゛ぁ〜」となんども返事をし、なでるとゴロゴロと喉を鳴らします。
首もしっかりあげられるのでそれほど深刻ではないと感じるのですが・・・
退院は明後日くらいになりそうです。

くるりの居ない我が家、やはりちょっとみんなの様子が変です。
たまたま全員集合したのでデジしました。
ヴィヴィはテーブルの下です。
いつも守ってくれるくるりがいないので落ち着かなくて可哀想。

008.JPG

おまけ
昨日読み終えた本
006.JPG
ニックネーム もずりん at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 大動脈血栓塞栓症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

貸室あり。ワンルーム・寝具完備・食事付き

10日日曜日、お昼過ぎにマックがやってきました。

001.JPG

日中、留守にしていることが多いので判らないのですが、
私が一日家にいると何度もやってくることがあるので
留守中も結構「ごはんくれー」って感じのことが
多いのかな。

マックは他にも餌場があるらしく、ご飯を出してもいくらも
食べずに残すことあり。
この日はしっかり食べて、私が気がついたらもうトコトコと歩きだしていました。
いつものコース、我が家の駐車場に下りて、慎重に左右を見渡して
道路を渡ります。
道路と行っても我が家の前は緑地帯になっていて車の通りは殆どないのですが、
きちんと安全確認してから渡るんです。

マックは凄く利口な猫さんです。
大きな通りの反対側でもなんども見かけたことがあるので
マックの行動範囲は結構広そうなのですが、道を歩くときはいつも家の
塀に沿ってきちんと歩いているし、そうでなければ
交通事故にあっていますね。

004.JPG

我が家の前の緑地帯の中で、多分用足し。
かわえぇ〜♪

005.JPG
このあと、どこに行くのかな?


雨が降ると雨宿りに玄関脇のウッドデッキを使っていることがあります。
で、少しでも暖かく過ごして欲しくてマックハウスを設置しました。
10日に置いたのですが、まだ入居の気配はありません。

002.JPG
早く、気がついておくれ〜


おまけ
最近読んだ本
010.JPG

ニックネーム もずりん at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | マック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

四角関係

003.JPG
三匹でもキツキツだというのに・・・
どうしてこんなことに???

001.JPG
今日も暖かな一日でした。
暖房が入っていないので猫にとっては寒かったのかな??
でも、いくら寒くても猫団子って相手を選ぶんですよね〜顔(イヒヒ)

009.JPG
「ボクちん、モテナイってこと??」「ワルイ??」「ポリポリ・・・猫(怒)

今日のおまけ
11月に外から救出したカリフォルニアローズ
011d.JPG
これ、12月14日の画像です。なんとか生き延びて花を咲かせましたグッド(上向き矢印)

それが今はこんなん
005.JPG
元気いっぱい。蕾もいっぱいになってきましたかわいい

伸びた不恰好な枝を水に挿しておくと発根して
増えます。
今日も一つ鉢上げしました
007.JPG
今年はこれ、買わなくて済みそう〜顔(イヒヒ)

ニックネーム もずりん at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

2月になりました。

ちょっと体調を崩していました。
風邪だったのですが、疲れが溜まっていたのかなぁ〜
久々に寝込んでしまいました顔(ペロッ)

が、もう元気ですGood

今日はぽかぽか陽気。
いつになく出足好調だったはずのバラの剪定も
結局はまだまだ残っていました。
今日は通り沿いに並べている鉢バラの剪定と誘引を済ませました。
あとの残りはバフ・ビューティのみとなりました。

庭には春の気配。
012.JPG
咲き出したスノードロップ

014.JPG
クリスマスローズ、アプリコット

011.JPG
寒さに負けずに新しい蕾が開いてきました
カレンデュラ、コーヒークリーム

部屋の中では植物もニャンズも日光浴
001.JPG

そしてそして、我が家のお姫様。
ヴィヴィアンが可愛く撮れたので黒ハート
ズームインします〜(ガチ、親ばか顔(イヒヒ)
007.JPG

001.JPG

003.JPG

004.JPG

うふふ。

と、おまけ
最近読んだ本。

007b.JPG

005.JPG

寝たり起きたりの生活って本が読めるんですねぇ・・
ニックネーム もずりん at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

大雪でした〜雪

001.JPG
昨日の大雪、北海道生まれの私にとっては「なんのこれしきっ!」
ではありますが・・
なにせ、ノーマルタイヤで通勤していますから
昨日の帰りはドキドキでした。

一夜明けて今日はお天気が良くて随分嵩が減りましたが
まだこんなに〜
地植えのストックも凍えています。

部屋の中ではこの子
008.JPG

陽だまりでのびのびしてます。
003.JPG
先週末、華のお腹にゴルフボール大のハゲを発見。
4日に一度だった薬をそれ以来毎日服用しています。

今日、くるりの注射で病院へ行ったのですが、そのことをお話して
華の薬を追加で頂いてきました。
やっぱり4日に一度だとちょっと厳しいのかな・・3日に一度の時は症状が
治まっていたのだけれど。
ここのところがボーダーなのかも。
なるべく薬を減らしたいのだけど難しい。

そうそう
今日は食器棚の上にあるベッドで珍しい光景が見られました。
ここに上がって寝るのは くるり、ヴィヴィ、華、りさの四人なのですが
くるりは誰からも人気でみんなが、一緒に居たがります。

その中で、あんたが大将の華はヴィヴィが来るといつも怒って追い出してしまいます。
015.JPG

それが今日はよほど眠かったのか、ヴィヴィがあとから入ってきても気がつかないで
爆睡しているみたい・・・
012.JPG

ヴィヴィは遠慮がちに後からこそこそ潜り込んだ感じですね〜
それでもくるりにくっついていたいらしい。
ヴィヴィちゃん、涙ぐましい・・・・

おまけ
明日の仕事で使うために試作した「ジャガイモのガレット」
015.JPG
ニックネーム もずりん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

一日家事三昧〜(ノ; ̄◇ ̄)ノ

006.JPG

お久しぶりでした。
少しの間、留守にしていたので今日は溜まった家事を片付けていました。

掃除機をかけると一斉に二階に避難する猫達。
でも、平気なのがこの子。
りさはジーっと掃除機を見てはいるものの、逃げたりしません。

007.JPG

我が家に来た時の状態から、小さいながらも外で苦労していたんだろうと想像できるりさ。
掃除機が怖くて何ができる〜っ!
ってところかな。

こちらは、見かけによらず怖がりさん。
001.JPG
そして、一番立派な毛皮の持ち主なのに寒がりだ〜


おまけ
年末に「100万回生きたねこ」というドキュメンタリー映画を観てから
佐野洋子さんの本、読みまくっています。
025.JPG

022.JPG

026.JPG

023.JPG

024.JPG 
ニックネーム もずりん at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする